関節痛予防にはグルコサミンにプラスしてコラーゲンの摂取が有効

コラーゲンは、美肌に必須の成分としてアンチエイジング成分として女性に人気がありますが、もちろん美肌効果も期待しながら、関節痛予防にもコンドロイチンと一緒に積極的に摂取しておきたい成分です。コラーゲンは皮膚の真皮の他、骨、靭帯、軟骨に多く存在しています。

コラーゲンが関節の軟骨の約半分を占めていることはあまり良く知られていないことです。あまりにも肌に良いとされて、そちらの方に注目が集まり過ぎている感があります。軟骨の柔軟性、弾力性にコラーゲンが大きく関係しています。軟骨に弾力を与えて骨と骨のクッションの役目を果たしています。軟骨の弾力性、柔軟性が失われると関節の痛みを感じるようになります。

コラーゲンもまた加齢によって体内での生成量が激減するので、関節痛予防には、グルコサミンやコンドロイチンと同様に摂取すると相乗効果が高まり、関節痛の予防に効果があがります。サプリメントからの摂取でも問題ないですが、食品から摂る場合は、牛すじ、豚足、鶏の軟骨、動物のゼラチン、ふかひれに多く含まれています。苦手な人はサプリメントが便利です。コラーゲンもまた選ぶのに悩むほど、多くの種類のサプリメントが販売されています。