コンドロイチンがグルコサミンを助ける

一昔のテレビのコマーシャルでは、関節痛にグルコサミンとコンドロイチンをそれぞれ独立のサプリメントとして良く効くという内容でなかったかと思います。一体、どちらかが関節痛に効果があるのだろうかと少し悩んだ記憶がある方も多いのではないでしょうか。正解は、どちらも効果があるということです。

そして、大事なことは別々ではなく同時に摂取することで、相乗効果があがり、より効果が発揮されると言うことです。その理由は、グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取することで、コンドロイチンがグルコサミンの消化・吸収を助けるからです。どんなに効果のある成分でも腸からその成分が吸収されないと便と一緒に体外に排出されてしまいます。栄養成分が吸収されやすくなっていることは非常に大切なことです。

グルコサミンもコンドロイチンのいずれも体内で生成される成分ですが、加齢によってその量が激減するので、サプリメントで補ってあげることは大切なことです。最近は、このことから、両方の成分が入っているサプリメントも販売されて主流になりつつあります。いずれの成分も日常食べる食事からは、なかなか満足な量が摂取できないので、サプリメントでも摂取は非常に手間暇かからないので便利です。