グルコサミンは加齢で大幅減少 サプリで補充が予防に効果的

テレビなどでたくさんコマーシャルが流れているので、グルコサミンが加齢によって減少することを知らない人はいないくらいに知られています。関節痛が起き易くなること、肌のハリが加齢とともに失われていくことは同じ理由です。その理由は、体内で作られていたグルコサミンの生成量が減少していくからです。関節痛を起こさない人も肌のハリが無くなるのは、グルコサミンから、コンドロイチンやヒアルロン酸ができるまでの仮定の途中にできるN-アセチルグルコサミン6リン酸への代謝量の減少が著しく生じるからです。このため、肌のハリやうるおいが大きく低下します。

グルコサミンの生成量は、なんと生まれたときが最高で、そこから減少の一途をたどり、20歳代で約半分に、40歳代では、約3割前後に、50歳代になると約2割になるまで減少すると言われています。グルコサミンは、過剰摂取すると副作用がでたりする可能性がり、また糖尿病の持病があったり、抗血液凝固剤を服用しているときは注意が必要ですが、肌の不調や関節に違和感を若い内から覚えれば早めにサプリメントなどでグルコサミンを摂取しておくことは将来のトラブル発生の予防になります。決して良い方向に向かわないので摂取するることを検討するに値します。