グルコサミンの効能

テレビで良く宣伝されているグルコサミンは、その効果・効能として良く知られているのは、骨と骨のクッションの役目を果たし、関節痛の痛みを和らげる効能です。グルコサミンは体内で作られるので、外部から補充する必要はないのですが、加齢とともに量は減少していくので、肥満であったり、スポーツで膝を酷使している人は早めにグルコサミンを摂取しておくのは膝の痛みの予防になります。

尚、グルコサミンには、関節痛予防の効能だけではなく、血流を良くする効能もあります。血液の中の血小板は血を固める効能がありますが、グルコサミンはこの血小板の凝集作用を抑制し、血液を流れやすくします。これにより、冷え症対策や動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞という命を奪う確率が高く、恐ろしい病気の予防効果があります。

更に、もう一つ、女性に嬉しい美肌効果があります。グルコサミンは肌にみずみずしさを与えるヒアルロン酸の原料で、そのヒアルロン酸が乾燥肌を防ぎハリのある肌を作り出します。このように3つもの大切な働きをするグルコサミンは50代に近づくころからはサプリメントとして膝関節予防や女性の場合は年齢に関係なく肌の調子が思わしくないようなときは摂取を考え見ると良い成分です。