グルコサミンとは

グルコサミンは、糖とアミノ酸が結合した物質で、軟骨、皮膚、爪、靭帯などに多く含まれています。グルコサミンは体内で生成されますが、その量は加齢や肥満、運動不足で減少していきます。すると、関節で骨と骨とのクッションの役目を果たしている軟骨の量が減り、骨と骨が直接当たるようになることで、猛烈な関節の痛みを引き起こします。

体内でグルコサミンを生成する能力の落下は直線的ではなく50歳以降に急激に落ちるので、変形性膝関節症が50代以降に急増する理由になっています。肥満やスポーツなどで膝を酷使しているともっと早く症状が現れることもあり、そのような人は早くからグルコサミンを補給しておくと予防になります。また、グルコサミンは、コラーゲンやコンドロイチンの原料になると言われています。

コラーゲンは、美肌に欠かせないとして良く知られていますが、肌だけでなく軟骨を始め、骨、歯、血管など全身に必要なタンパク質の一種です。コンドロイチンもまた、グルコサミン、コラーゲンと同様に全身に必要な存在となっており、この3つが一つになって関節などの結合組織を支えています。特にグルコサミンは残り二つを作り出すことにも関係しているので、十分な量を摂取することが大切な成分と言うことができます。

参考サイト

グルコサミンサプリについて・・・健康や美容のサポートとして、グルコサミンはいい成分です。飲みやすいものを探すときは、このサイトで情報を見てみましょう。

お役立ちサイト紹介コーナー

新着情報